スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/01 Happiness Letter328〔この国を守る責任〕

転載いたします。

皆さま、おはようございます!
国防最前線の地・沖縄において、幸福実現党名誉総裁・大川隆法先生の「沖縄県連続講演会」が開催され、昨日は沖縄南部支部精舎において講演会『この国を守る責任』が開催されました。

大川隆法名誉総裁は昨日の講演において、「米軍基地の問題が沖縄県知事選に向けての大きな争点」「中国は『沖縄は中国固有の領土』と宣言するタイミングを見ている。沖縄は『蛇に睨まれたカエル』の状況にある」

「たまたまアメリカが前回の戦争で占領したので、沖縄に進駐しているように見えるが、それだけではなく、地政学的、国際政治学的に見て、沖縄はものすごく重要な地域だから米軍基地がある」

「沖縄から米軍が撤退すると、簡単に台湾が中国に落ちる。沖縄の軍事的な米軍のプレゼンス(存在)は大きい」「『米軍基地が無くなったら一番得するのは誰か』を考えてみたら、(米軍基地撤去に向かわせている)犯人が分かる」

「今の日本にとって大事なことは『外交の鉄則』(原理原則)をきちんと立てること。(県外移設のように)場当たりに片付けようとすると、段々、変な交渉に持っていかれて、今、何をやっているのかが分からなくなる」

「尖閣諸島事件の中国漁船船長の釈放も、原理原則を外したのが問題。『国内法に基づいて処理する』と言った以上、それを押し通せば国際的信頼と支持は得られた。最後は国際社会の判断が大きな圧力となる。筋を通すべきだった」

「今、幸福実現党が防衛大臣と外務大臣の代わりに言っている感じになっている。『正論』は『正論』として通していくべき。どうか日本の国益を一緒に考えてほしい」と述べられました。

本御法話(『この国を守る責任』)は緊急性、重要性に鑑み、明日11月2日(火)に全国の幸福の科学の精舎・支部に衛星配信されます(上映時間・期間は各開催拠点にお問い合わせください)。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
また、一昨日の石垣島での講演会『国境を守る人々へ』が昨日10月31日の『八重山日報』『八重山毎日』に写真付(『八重山毎日』はカラー)で大きく報道されました。

『八重山日報』は「『気概のある国家に』大川隆法氏が講演」と題し、「すべては日本が気概のある国家として、背骨をピシッと伸ばせるかに掛かっている」「アジア太平洋地域で中国が覇権主義、中華帝国を目指すことが明確な路線として出されている」
「アジア地域で米軍が撤退した地域はほとんど中国の支配下に置かれている」「(選挙では)自由と繁栄を守る方向で選択すべきだ。国防の大切さを投票でアピールしてほしい」という大川隆法総裁の言葉を掲載しています。

『八重山毎日』は「『日米同盟は重要』幸福の科学総裁大川氏」と題し、「中国は中華帝国主義の方針を固めており、米軍が撤退すると中国支配が起きる」
「日本が国家として今後10年後、20年後も生き延びるためには日米同盟を壊してはいけない。その方向で政治的選択をしなければならない」という大川隆法総裁の言葉を掲載しています。
スポンサーサイト

10/31 Happiness Letter327〔国境を守る使命〕

転載いたします

皆さま、おはようございます!
国防最前線の地・沖縄において、昨日30日から本日31日にかけて、幸福実現党名誉総裁・大川隆法先生の「沖縄県連続講演会」が開催されています!

本日31日(日)は、幸福の科学の沖縄南部支部精舎において講演『この国を守る責任』が開催されます!
※詳細は公式ホームページにて⇒http://www.hr-party.jp/news/o137.html

昨日の石垣島での講演『この国を守る人々へ』において、大川隆法総裁は「中国は軍事力強化に努めており、大中華思想を掲げ、アメリカの次の覇権国家、『世界帝国』になろうとしている」と強い警告を発されました。

そして「日本が国家として生き延びるためには、日米関係を壊してはならない」「(沖縄県知事選で)有力と言われる二人は、知事選のためにアメリカの基地を沖縄から放り出すと言うが、放り出されたアメリカ軍が沖縄を救いに来ると思っているなら甘い」

「今までアジア地域においては、米軍基地が撤退したところは、ほとんど中国の支配下に置かれている」「沖縄および日本国の未来のために立ち上がった金城タツロー氏の勇気を高く買いたい」と述べられました。

そして「石垣で国防の大切さを投票にて強くアピールすることは首相官邸まで影響が出る。この地で『自由と繁栄に向けての狼煙(のろし)』を上げて欲しい」と力強く訴えられました。

「国師」として、沖縄、日本を守り抜かんとする大川隆法総裁の熱い情熱に、参加された多くの方々が胸を打たれ、「国境を守る」使命を魂に刻む講演会となりました!

また、本講演会は石垣島で大きな話題となり、本会場では、未会員の方々が来場者の半数近くを占め、次のような感想を賜りました。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
「日本を守る意気込みを感じました。日本人や人類の幸福を説く隆法先生の講話を聞き、感動致しました。これからの幸福実現党のご発展を祈念致します。」(60代女性)

「本日の話を聞き、日本の将来を託すことができる唯一の日本人(団体)であると強く思いました。今後も応援していきたいと思いますので、ぜひ頑張って頂きたいと思います。中国・民主党に負けるな!」(40代男性)

「直接、大川隆法氏の声、お姿を拝し、非常に参考になりました。今後、沖縄、又は離島において、本日の法話の内容を広く知らしめる必要があると思われます。今後の活躍を望みます。」(50代男性)

「総裁の熱のこもった御法話は、私達の心に強くひびき、『国境を守る』のは私達一人ひとりが英知を集めてやるべきだと痛感しました。隆法先生ありがとう!!今後ともご活躍を祈ります。金城タツローさん、ガンバレ!!」(60代男性)

「これまで一方的な意見しか聞いていなかった。基地がないことがリスクがあるなんて大変なことだと思いました。本日、入会致しました。」(60代女性)

「自衛隊の大切さを痛感しました。中国がなぜ脅威なのかも改めてわかりました。本日、入会させて頂きました。」(50代男性)
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
本御法話(『この国を守る人々へ』)は本日31日(日)、全国の幸福の科学の精舎・支部に緊急衛星配信されます(上映時間・期間は開催拠点にお問い合わせください)。共に「自由と繁栄の未来」を切り拓いて参りましょう!!

沖縄講演会

みなさまこんばんは。

結局なかなか更新できていなくて申し訳ないのですが・・・

さて、連日、国防問題に直結するような問題、ニュースを耳にいたしますが
ここでまた、大事な御法話をいただきました。

沖縄での連続講演会、ということで
幸福の科学グループの創始者であり、現総裁、幸福実現党名誉総裁の大川隆法先生による講演会でありました。

小生は、衛星配信で「国境を守る人々へ」を拝聴させていただきました。
先生は、言葉を選びながらも
現在の中国政府の「大中華思想」の危険性や
中国政府での政治的な権力闘争の実情、デモ等の操作その他注意を促されました。

また、日本政府においても
尖閣沖での漁船衝突事件

ようやく議員のみビデオを公開されておりましたけれども

この問題、以前仙石官房長官が
沖縄地検の判断を了とすると発言された折
幸福実現党は
「外交判断を地方にまかせるのか」
「地方分権の正体はこのような無責任体制だったのか」

といった主張をしてまいりました。

しかし、それだけでなく今回のお話では
「地検というのは行政組織であって司法ではない」
「係長の判断を社長が了とするといっているようなもの」

という新視点があげられました。

また、沖縄の知事選の結果に米軍基地問題の結論を委ねるような
逃げの外交になっているという今までの批判とともに

そうであるなら逆に、この沖縄のみなさんの判断が
この国を救うことになる

という考え方もあるといわれていました。

ほかにも

「撤退した米軍が必要なときは守ってくれると思っているならそれは甘い」
「米軍が撤退したところはほとんどとられている」
「軍事行動というのはトップが一人でも弱腰なら戦えない」

「気概をもつ、国家国民の生命、安全、財産を守るということは政治家の責任である」

こうしたおはなしがありました。

逃げることはゆるされません。
国難打破にむけてがんばりましょう。

金城たつろう氏HP

奇兵隊内閣

菅首相は、就任当初「奇兵隊内閣」を掲げておられました。

奇兵隊とはいわずもがな、
江戸の幕末期に長州藩にあって高杉晋作が旗揚げした庶民による隊であります。

これは、首相本人が、自分を高杉晋作に見立てたものなのかもしれません

しかし、実際は全くちがう。
むしろその正反対のお人ではないだろうか、と思います。

小生が、というよりも
幸福実現党において、大川隆法名誉総裁が早い段階から

「奇兵隊内閣というよりは詭弁隊内閣である」

という辛辣な批判とともに語っておられたのも記憶に新しい。


今回は、この件について考察されている記事を
ふと発見したので紹介してみたいと思います。

引用以下

http://mainichi.jp/select/seiji/fuchisou/news/20101018ddm002070109000c.html
(追記に引用しております)

続きを読む

国難への警鐘

みなさまこんばんは。

まだほとんど投稿もしていないこのページですけれども
これから、少しずつ
ネットの片隅ででもお役に立てる
情報提供の場となりますように
努力していきたいと思っております。

実際の社会では
月に2回~3回程度(月によってさらに増減あり)
駅前にて辻立ちを行いつつ
幸福実現党の主張を
街頭の皆様へ訴えさせていただいております。

マイクを持って語るために
学んでおりますことを
この場にも少しずつ提供していけますように・・・

そして願わくば
この国が奈落の底に沈む前に
真理の陽が昇る国へと
日、出ずる国へとしていきたい
そのための志士として活動していきたい

そのように思う次第であります。

さて、幸福実現党は、
日米中関係にゆれる沖縄での県知事選、そして、北海道での補選での候補者擁立を表明しており
また、尖閣諸島等中国との関係における問題については
全国各地でデモ等行い、正論を訴え続けております。

本日(日付としてはもう昨日になりますね・・・)も横浜にてデモ行進あったようです。
小生は遠方にて駅前の辻立ちをして気持ちのみ参加させていただきましたが・・・

「正しいものは正しい、
間違っているものは間違っている」

党利党略や、利権の争いのためではなく、正論を言う政治家が今求められている

そうしたときに、宗教家は黙ってはいられない

宗教家はこの世に幸福をもたらすために存在するのであって、
世捨て人ではありません。

こういう、何が正しいのかわからないような時代にあってこそ
希望の光として進むべき道を指し示すのです。

宗教家や哲学者は、決して空想の世界や、過去の道徳にとらわれているだけではいけないと思うのです。

本物ならば
「週刊誌的人材」とでもいいましょうか

タイムリーな問題にもはっきり応えられるような人材になるべきだと考えます。

これには大きな勇気がいります。
過去のことを論評するのは結果がわかっているので失敗はないでしょう
しかし、現在、そして未来のことを意見するのは、外れることもあるのでリスクがあります。
それでも、本物であるならば、未来を切り開いていくようなつもりで
その未来図を、指し示す方向をあらわさなければならないとおもうのです。

幸福実現党は夢のある未来をめざしています。
幸福実現党は未来をつくっていきます。

具体的な政策等についてはまた稿を改めたいと思いますが

とにかく
1.国民の安全、繁栄を守ります
2.さらにこの国を発展させ、豊かにしていきます

すなわち、国益をしっかりとまもっていくということであります。

国益をまもり、
世界の一流国家として、尊敬されるような国家になり
世界の諸国々へ、その豊かさを還元していくような国にしていきたい


幸福実現党はそうした政党だと小生は理解しております。
長文駄文失礼致しました。
プロフィール

Author:crehope
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。